CORESERVERでwwwなしのURLをwwwありへ301リダイレクトさせるための設定方法

wwwなしのURLを叩いた時に、wwwありのURLへ301リダイレクトするための設定。
たとえば、leftyloosey.net/setting/35/のリンクを叩くと、www.leftyloosey.net/setting/35/が表示されるようにする。

下記はCORESERVERでWordPressのサイトを運用しているサイトで、すでにwwwありで運用していた状況で行った設定。

手順

  1. CORESERVERのドメインウェブページを開き、wwwありのURL(ドメイン)となしのものを入力し、「ドメイン設定」を押す。
  2. その後、FTPソフトでpublic_html内のフォルダをみると、wwwなしのフォルダが作成されているので、そのフォルダの中に下記のコードを記載した.htaccessファイルを置く。
    • 「leftyloosey.net」のところは該当する自分のドメインを入れる。
    • コードの最後に必ず改行を忘れずに入れる。
    RewriteEngine on
    RewriteCond %{HTTP_HOST} ^leftyloosey\.net
    RewriteRule ^(.*) http://www.leftyloosey.net/$1 [R=301,L]
    改行
    
  3. wwwなしのURLを叩いて、wwwありのページが表示されるか確認し、完了。

補足

逆にwwwありのURLをwwwなしのURLへ遷移させたい場合は、2行目と3行目のドメインの部分の記述を逆にすればOK。

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www.leftyloosey\.net
RewriteRule ^(.*) http://leftyloosey.net/$1 [R=301,L]
改行

Search Console(ウェブマスターツール)の設定方法

自分のサイトをSearch Console(ウェブマスターツール)に登録する方法。

手順

  1. googleアカウントにログインした状態でSearch Console(https://www.google.com/webmasters/tools/home?hl=ja)のページに行く。(Search Consoleのページヘ遷移後ログインすることも可能)
  2. 右上にある「プロパティを追加」をクリックし、登録したいサイトのURL(例:http://www.aaa.net/)を入力。
  3. 「おすすめの方法を利用する」に記載されている内容に従い、
    • 「このHTML確認ファイル」をダウンロード。
    • FTPソフトなどで、ドメイン直下のフォルダにファイルをアップロード。
    • ブラウザでアップロードしたファイルのURLを開く。
    • google-site-verification: ファイル名.htmlと表示されればOK。
  4. ウェブマスターツールのページの「確認」をクリックし、完了。

補足

アップロードしたファイルは消さずにそのままアップしておく。

Gmailで独自ドメインのメールを送信出来るようにする方法

会社のメールや自分で取得したドメインのメールアドレスをGmailで送信する方法。

  1. Gmailにログインし、右上の歯車アイコンから「設定」をクリック。
  2. 「アカウントとインポート」をクリック。
  3. 「名前」の項目にある「メールアドレスを追加」をクリック。
  4. 黄色の背景のページが出てくるので、名前とメールアドレスを入力。
    ※「エイリアスとして扱います。」はチェックしたままでOK。
    例▼
    名前:山田 太郎(メールの送信者名として表示されます)
    メールアドレス:〇〇〇〇@leftyloosey.net
  5. 必要項目を入力し、「アカウントを追加」をクリック。
    • SMTPサーバー、ユーザー名、パスワードのアカウント情報はサーバーから確認する。
      ※その他は特に変更しない。
  6. 今回設定しようとしているメールアドレス宛にGmailから確認コードが届くのでそれを入力し、設定終了。
  7. 最後に送信テストを行って完了。

補足

GmailでGmail以外のメールアドレスの送受信を行えるようにする場合、先に受信設定をした方が確認コードをGmailで受信できるので良い。

Gmailで独自ドメインのメールを受信できるようにする方法

Gmailで独自ドメインのメールを受信できるようにする方法

会社のメールや自分で取得したドメインのメールアドレスに届いたメールをGmailで受信する方法。

手順

  1. Gmailにログインし、右上の歯車アイコンから「設定」をクリック。
  2. 「アカウントとインポート」をクリック。
  3. 「POP3 を使用して他のアカウントのメッセージを確認」の項目にある「自分の POP3 メール アカウントを追加」をクリック。
  4. 黄色の背景のページが出てくるので、メールアドレスを入力し、次のステップへ。 例:メールアドレス:〇〇〇〇@leftyloosey.net
  5. 必要項目を入力し、「アカウントを追加」をクリック。
    • ユーザー名、パスワード、POPサーバーのアカウント情報はサーバーから確認する。
    • 「取得したメッセージのコピーをサーバーに残す。」と「メールの取得にセキュリティで保護された接続(SSL)を使用する。」にはチェックを入れる。(SSLにチェックをいれると受信できないこともあるようなので、試してみてダメだったらチェックを外す) ※その他は特に変更しない。
  6. 受信できるかテストして完了。

補足

2015年8月19日現在、上記登録をするとその流れで設定したメールアドレスで送信もできるようにする設定ができる。 あとからでも設定できるが、ついでに行う場合は受信設定と同じような流れで設定できる。

Gmailで独自ドメインのメールを送信出来るようにする方法