CORESERVERでwwwなしのURLをwwwありへ301リダイレクトさせるための設定方法

wwwなしのURLを叩いた時に、wwwありのURLへ301リダイレクトするための設定。
たとえば、leftyloosey.net/setting/35/のリンクを叩くと、www.leftyloosey.net/setting/35/が表示されるようにする。

下記はCORESERVERでWordPressのサイトを運用しているサイトで、すでにwwwありで運用していた状況で行った設定。

手順

  1. CORESERVERのドメインウェブページを開き、wwwありのURL(ドメイン)となしのものを入力し、「ドメイン設定」を押す。
  2. その後、FTPソフトでpublic_html内のフォルダをみると、wwwなしのフォルダが作成されているので、そのフォルダの中に下記のコードを記載した.htaccessファイルを置く。
    • 「leftyloosey.net」のところは該当する自分のドメインを入れる。
    • コードの最後に必ず改行を忘れずに入れる。
    RewriteEngine on
    RewriteCond %{HTTP_HOST} ^leftyloosey\.net
    RewriteRule ^(.*) http://www.leftyloosey.net/$1 [R=301,L]
    改行
    
  3. wwwなしのURLを叩いて、wwwありのページが表示されるか確認し、完了。

補足

逆にwwwありのURLをwwwなしのURLへ遷移させたい場合は、2行目と3行目のドメインの部分の記述を逆にすればOK。

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www.leftyloosey\.net
RewriteRule ^(.*) http://leftyloosey.net/$1 [R=301,L]
改行

Leave a Comment.